製品脱硝ハニカム触媒石炭焚きボイラーは脱硝触媒を使用しています
脱硝ハニカム触媒のイメージです

石炭焚きボイラーは脱硝触媒を使用しています

商品情報: 石炭焚きボイラー脱硝触媒は SCR システム内に設置され、触媒還元プロセスの効率を高めます。排ガスと触媒表面との接触を最大化し、それによって NOx 変換率の向上を促進します。この技術は、排出目標や規制要件を満たすために、石炭火力発電所や産業用ボイラーで広く使用されています。
圧縮強度: 軸方向 ≥ 2.8MPa;ラジアル≦0.9MPa
サイズ: カスタム利用可能
MOQ: 1m3

シェア:

お問い合わせを送信
  • 脱硝ハニカム触媒のイメージです

石炭焚きボイラーは脱硝触媒を使用しています

 

Yuanchen 触媒を選ぶ理由

Yuanchen DeNOx Catalyst は石炭火力ボイラー用に特別に配合されており、排出削減目標を達成するための究極のソリューションです。実際の用途での成功実績を持つこの触媒は、信頼性が高く長期にわたる NOx 削減を実現し、よりきれいな空気と持続可能な未来に貢献します。

元成工場ワークショップの生産ライン:

これは源城工場の生産施設の画像で、脱硝ハニカム触媒を製造するための生産ライン全体を示しています。 これは源城工場の生産施設の画像で、脱硝ハニカム触媒を製造するための生産ライン全体を示しています。 これは源城工場の生産施設の画像で、脱硝ハニカム触媒を製造するための生産ライン全体を示しています。

DeNOx ハニカム触媒の動作原理:

石炭焚きボイラーの脱硝触媒は、主に選択触媒還元 (SCR) システムを備えた石炭焚きボイラーで使用されます。 SCR システムは、石炭火力発電所や産業用ボイラーによって生成される煙道ガスからの窒素酸化物 (NOx) 排出を削減するために広く採用されている技術です。システムの仕組みは次のとおりです。

石炭焚きボイラー:

石炭焚きボイラーは石炭を燃やして蒸気を生成し、その蒸気は発電や工業プロセスに使用されます。しかし、この燃焼プロセスでは窒素酸化物 (NOx) を含むさまざまな汚染物質が放出されます。

排ガス処理:

燃焼後、ボイラーからの排ガスには NOx などの汚染物質が含まれます。これらのガスは、大気中に放出される前に、排ガス処理システムを通って送られます。

選択的触媒還元 (SCR) システム:

SCR システムは、排ガス処理システムの重要なコンポーネントです。脱硝触媒が入っています。触媒は、NOx ガスを無害な成分である窒素 (N2) と水蒸気 (H2O) に変換する化学反応を促進します。

石炭焚きボイラーイメージ

ハニカム脱硝触媒の主な仕様:

穴数(PCS) 断面積(mm) 穴の直径。 (んん) 肉厚(mm) 触媒ピッチ(mm) 開気孔率 (%) 比表面積 (㎡/m3) 応用
15×15 150×150 8.45 1.35 9.80 71.40 338 石炭火力ユニット、煙粉塵が多い
16×16 150×150 8.00 1.20 9.20 72.82 383
18×18 150×150 7.10 1.10 8.20 72.60 409 石炭火力ユニット、中ダスト
20×20 150×150 6.40 1.00 7.40 72.82 469
21×21 150×150 6.10 0.95 7.05 72.93 478 石炭火力ユニット、低煙粉塵
22×22 150×150 5.80 0.90 6.70 72.36 499
25×25 150×150 5.00 0.90 5.90 69.44 577 石炭火力ユニット、粉塵が非常に少ない
30×30 150×150 4.10 0.80 4.90 67.24 693 石油燃焼ユニット、非常に低発塵
35×35 150×150 3.65 0.55 4.20 72.53 795
40×40 150×150 3.20 0.50 3.70 72.82 910 天然ガス焚きユニット
45×45 150×150 2.78 0.50 3.28 69.56 1000
55×55 150×150 2.20 0.50 2.70 65.07 1275
単一触媒のサイズ: 150×150×(長さ300~1350)mm。

お客様のご要望に応じて、さまざまなピッチや配合のハニカムSCR脱NOx触媒を製造できます。

脱硝ハニカム触媒のイメージです 脱硝ハニカム触媒のイメージです 脱硝ハニカム触媒のイメージです 脱硝ハニカム触媒のイメージです 脱硝ハニカム触媒のイメージです

 

お問い合わせは無料