ニュースSCR触媒:NOx排出量を削減して空気を浄化

SCR触媒:NOx排出量を削減して空気を浄化

公開日時 : 2024-04-05

SCR触媒を理解する:よりきれいな空気への鍵

 

SCR触媒応用分野産業工場

 

よりきれいな空気とより健康的な環境を求めて、産業界は有害な排出物を軽減するという課題に取り組んでいます。その中でも窒素酸化物 (NOx) は大きな脅威であり、スモッグ、酸性雨、呼吸器疾患の原因となっています。幸いなことに、選択触媒還元 (SCR) などの革新的な技術が強力な解決策を提供します。このプロセスの核となるのは SCR 触媒です。これは、NOx を無害な窒素と水蒸気に変換する重要なコンポーネントです。

 

背後にある魔法 SCR触媒

 

SCR 触媒は、NOx 削減の陰の立役者です。これらの複雑な構造は、多くの場合、酸化チタンなどのセラミック材料で構成され、卑金属酸化物 (バナジウム、モリブデン) や貴金属などの活性触媒成分が注入されています。多孔質設計により、大きな表面積が確保され、そこで魔法が起こります。排気ガス中の NOx 分子が、触媒の存在下で還元剤 (通常はアンモニアまたは尿素) と反応します。この反応により、NOx が無害な窒素と水に変換され、排気ガスが大気中に放出される前に効果的に浄化されます。

具体的な反応は、使用する還元剤によって異なります。

アンモニアの場合:4NO + 4NH3 + O2 → 4N2 + 6H2O
尿素の場合:2NOx + (NH2)2CO + ½ O2 → 2N2 + CO2 + H2O

これらの反応は特定の温度範囲内(通常は 357 ~ 447 °C)で発生しますが、より低い温度でも滞留時間が長くなれば効果的です。

 

適切なSCR触媒の選択

 

SCR 触媒にはさまざまな形態があり、それぞれに長所と短所があるため、最適なパフォーマンスを得るには選択プロセスが重要になります。

 

ハニカム触媒

 

scr触媒

ハニカム触媒はハニカム構造に似ており、最も一般的なタイプです。その利点は次のとおりです。

 

高い表面積: 排気ガスと触媒の接触面積が大きくなり、効率的な NOx 削減が促進されます。

優れた混合: ハニカム構造により乱流が促進され、排気ガスと還元剤が確実に完全に混合されます。

 

ただし、次のような傾向もあります:

 

詰まり: フライアッシュやその他の粒子状物質がチャネル内に蓄積し、効率が低下し、圧力降下が増加する可能性があります。

圧力降下が大きい: 複雑なチャネルによってガスの流れが制限され、排気ガスをシステム内に送り出すためにより多くのエネルギーが必要になります。

 

高性能ハニカムSCR触媒のラインナップをご覧ください

 

プレート触媒

 

プレート触媒は、触媒材料でコーティングされた平らな平行プレートで構成されています。その利点は次のとおりです。

 

圧力降下が低い: オープン構造によりガスの流れが容易になり、エネルギー消費が削減されます。

詰まりにくい: 平らな表面により粒子状物質が詰まりにくくなります。

 

ただし、次のような欠点もあります。

 

表面積が小さい: ハニカム触媒と比較すると、反応の接触面積が小さくなり、効率が低下する可能性があります。

サイズが大きい: プレート触媒はより多くのスペースを必要とするため、一部のアプリケーションでは制約となる可能性があります。

 

波形触媒

 

波形触媒は、ハニカム型とプレート型の中間的な触媒で、波形構造によりプレート型触媒よりも表面積が広く、ハニカム型触媒よりも圧力降下が低く抑えられています。ただし、あまり一般的ではなく、コストが高くなる場合があります。

SCRにおける還元剤の役割

 

SCR テクノロジーの有効性は還元剤の選択にも左右されますが、還元剤ごとに安全性と取り扱いに関する考慮事項が異なります。

 

無水アンモニア: 効率性が高く、大規模な産業用途で広く使用されています。ただし、保管と取り扱いには厳格な安全プロトコルを必要とする危険なガスです。

 

水性アンモニア: 無水アンモニアよりも安全な代替品で、保管や輸送も簡単です。ただし、SCR システムに注入する前に気化させる必要があります。

 

尿素: 最も安全なオプションで、自動車用途でよく使用されます。NOx と反応する前に、熱分解してアンモニアに変換する必要があります。ただし、このプロセスによりシステムが複雑になります。

 

 

SCR触媒の活用:さまざまな業界での応用

 

多様な触媒オプションと還元剤を備えた SCR 技術は、NOx 排出に取り組むさまざまな業界で幅広く応用されています。

 

発電所: SCR システムは、石炭、石油、ガス火力発電所からの NOx 排出量を削減するために不可欠です。通常、SCR システムはエコノマイザと空気予熱器の間に設置され、触媒の上流にアンモニアまたは尿素が注入されます。

 

大型車両: SCR 触媒は、トラック、バス、その他の大型車両のディーゼル エンジンの厳しい排出基準を満たすために不可欠です。尿素は安全性と保管のしやすさから、還元剤として好まれています。

 

船舶用エンジン: SCR システムは船舶からの NOx 排出量を削減し、港湾や沿岸地域の空気の浄化に貢献します。

 

産業用ボイラーおよび炉: SCR 技術は、セメント製造、廃棄物焼却、化学製品製造などのさまざまな産業プロセスで NOx 排出を制御するために使用されます。

 

 

SCR技術の課題と解決策

scr触媒製造ワークショップ。

scr触媒製造ワークショップ。

SCR 技術は効果的であるにもかかわらず、慎重な検討と緩和戦略を必要とする課題に直面しています。

 

触媒の被毒: 硫黄化合物、重金属、その他の汚染物質は触媒を不活性化し、触媒の効率と寿命を低下させる可能性があります。適切な燃料の選択、燃料の洗浄、上流のスクラバーの使用は、被毒を防ぐのに役立ちます。

 

触媒の詰まり: フライアッシュや粒子状物質が触媒内に蓄積し、特にハニカム型触媒では圧力降下が大きくなり、性能が低下することがあります。スートブロワーや超音波ホーンによる定期的な清掃が必要です。

 

アンモニアスリップ: SCR システムを通過する未反応のアンモニアは排出物に寄与し、下流の機器に損傷を与えるアンモニウム塩を形成する可能性があります。アンモニア注入を最適化し、適切な混合を確保することで、スリップを最小限に抑えることができます。

 

コスト: SCR システムの実装と維持にはコストがかかる可能性があるため、慎重な費用対効果分析が必要です。

 

 

SCR 触媒は、空気清浄のための戦いの最前線にあります。SCR 触媒の機能、種類、用途を理解することで、産業界はこの技術の力を活用して環境への影響を最小限に抑え、より健全な地球の実現に貢献できます。