産業用排ガスをろ過する際、温度はどの程度重要ですか? - Yuanchen
ニュース産業用排気ガスをろ過する際、温度はどの程度重要ですか?

産業用排気ガスをろ過する際、温度はどの程度重要ですか?

公開日時 : 2024-06-14

産業用排ガスろ過のプロセスにおいて、温度は排ガスろ過システムの動作効率に影響を与える重要な要因の 1 つです。

 

Q: では、質問です。温度変化はろ過システムの動作にどのような影響を与えますか?

 

理論的には、温度の変化はフィルター媒体繊維の安定性に直接影響を及ぼし、それによってフィルター材料の利用効率と耐用年数が変化し、ろ過装置の動作に影響を与えます。

 

気温が高すぎますか?いいえ!

実際の運転では、除塵装置の動作温度が高いほど、化学反応速度が速くなります。高温の動作条件では、加水分解、酸化、その他の化学反応に敏感なフィルター材料が簡単に損傷し、その耐用年数が大幅に短くなります。

 

濾過システム

 

それだけでなく、動作温度が除塵装置のフィルターバッグの許容範囲を超えると、フィルターバッグの繊維が損傷し、大幅に収縮して強度が低下し、硬くて脆くなり、さらにはフィルターバッグの表面に穴が開いて完全に故障する可能性もあります。

 

気温が低すぎますか?いいえ!

 

除塵装置の温度は常に露点以上に保たれなければなりません。

 

温度が露点より低い場合、排気ガス中の水蒸気が凝縮し、フィルター材料の表面に小さな水滴を形成します。これらの小さな水滴は汚れた排気ガスを吸収し、湿った粘着性の粉末層を生成します。

 

湿った粘着性の粉体ケーキ層は、洗浄効果を大幅に低下させるだけでなく、機器の動作中に大きな圧力差を引き起こします。

 

ダストフィルターバッグ製造

 

温度が露点より低い場合、腐食性の酸性露も発生し、フィルター材料自体、支持ケージフレーム、および除塵装置が腐食する可能性があります。

 

こっそり教えて

 

通常、除塵装置の動作温度は露点温度より 25℃ 高く設定することをお勧めします。

 

例えば!

 

実際の応用では、Yuanchen Envirotec はかつて次のようなフィードバック事例を受け取ったことがあります。当社の重要な顧客の工場の袋の除塵システムが、動作中に重大な問題を抱えていたのです。

 

工場はユアンチェンPIを購入した フィルターバッグ セメント窯の尾部には耐熱性に優れたフィルターバッグが使用されていましたが、使用開始からわずか 11 か月で深刻な収縮問題が発生しました。フィルターバッグは使用できなくなり、大きな損失が発生しました。

 

リーディングフィルタ社は、この知らせを受けて、すぐに経験豊富な応用エンジニアを現場に派遣し、現地調査を行いました。同時に、工場を出荷する前に、同社の品質検査部門に製品のすべての製造パラメータを回収して、慎重に検証するよう依頼しました。

 

驚いたことに、品質検査部門が取得した生産パラメータには異常がなく、すべての製品はLeading-Filter工場を出荷された時点で合格でした。

 

現場に急行したアプリケーションエンジニアにプレッシャーが集中。彼は無事に原因究明に成功するのか?

 

アプリケーションエンジニアは工場に到着後、まず中央制御室に行き、運転データを収集しました。しかし、メーカーは11か月の運転のうち、最新の1か月のデータしか完全に保存しておらず、データに異常は見られませんでした。

 

データによると、濾過装置内の温度はほとんどの場合 140°C で、測定された最高温度は 150°C、最低温度はわずか 120°C です。ただし、この工場で使用されている Yuanchen PI フィルターバッグは、現在の動作温度よりもはるかに高い 250°C までの温度に耐えることができます。

 

唯一不思議なのは、濾過装置の出口に表示される温度が内部に記録された温度より約40℃高く、圧力差が1800~3900Paと表示されることです。

 

フィルターバッグ製造工程

 

現場の作業員はこの現象を説明できず、動作温度が150℃を超えると、装置内の温度制御噴霧器が自動的に作動して機械を冷却すると考えていました。しかし、先月のデータから、装置内の噴霧器はほとんどの場合機能していないことがわかりました。

 

慎重なエンジニアはこれらの状況を会社にフィードバックし、実験テストのために現場からフィルターバッグのサンプル 3 つを持ち帰りました。3 つのサンプルは、工場の新品、7 か月使用したもの、11 か月使用したもののフィルターバッグから採取されたものです。

 

実験テストの結果、これらのフィルターバッグは過去に 310°C を超える超高温操作にさらされていたことが判明し、驚きました。

 

現場の集塵機の温度制御システムに問題があったため、濾過システム内で測定された温度が実際の温度よりも低く、システム内の冷却に使用される噴霧器が作動していなかったため、この障害が発生しました。

 

この時点で、3年間使用できるはずだったフィルターバッグ4,600個すべてを、わずか11か月で交換する必要がありました。

 

工業用排ガスろ過装置の動作において温度が重要な役割を果たしていることがわかります。

 

適切な動作温度を維持し、大きな温度変動を減らすことで、産業用排ガスろ過材の利用効率が向上するだけでなく、除塵装置の耐用年数が延び、ろ過装置の長期にわたる安定した動作が保証されます。

お問い合わせは無料